エレキギター 用語|初めてのエレキギター

初めてのエレキギター専門用語は以下10個だけで十分です!

サイトや楽器屋で探しだす前に、用語を覚えておきましょう!以下だけで十分です。
その他は、いづれ覚えていくから大丈夫。

 

 

アンプ

エレキギター単体でも音は鳴るのですが、これがないとあのギュイイイんという感じが出ません。
音の増幅器ですね。家で鳴らすなら、10W位の出力のもので十分です。後述のシールドでギターとつなぎます。

 

エフェクター

エレキギターから直でアンプだと、クリーンな音か、ギュイーンな歪みの音しか出ません。
エレキギターとアンプの間につないで、元音に効果を加える機材です。カラオケのエコーなんかもエフェクトなんですよー。
曲をコピーしたいアーティストのエフェクターを参考にすると分かりやすいです。

 

チューナー

正しい弦の音程を調整する機材です。音叉でも代用できますが、デジタルチューナーの方が圧倒的に楽です。
初めは、2000〜3000円のもので十分です。もしくは、セット品に付いてくるもの。

 

ギタースタンド

そのまんまですねwエレキギターを立てて置くものです。ギターの材質はデリケートな木です。
キチンとした置き方をしないと、変形してしまいます。
立てかけタイプがベター。壁掛けタイプはオススメです。

 

ストラップ

エレキギターを立って弾くときに必要な肩掛けベルトです。欲しいギターに合わせてかっこいいのを選びましょう!
値段は、ピンきりです。見た目重視でいきましょう!

 

シールド

ギター・エフェクター・アンプをつなぐコード。これもこだわり出すとピンきりです。
初めは、1000円以下で十分です。もしくは、エレキギターにおまけで付いてくるもの。
ライブが決まったら、しっかりしたものを買いましょう。

 

ネック

ギターの長ーいあの部分。ギターによって太さが違うので、握りやすいかを重要視してください。

 

フレット

ネックに打ち込んである、音階を決める為の突起金属。ボディーに向かうにつれて音程が高くなります。
ショートスケール(22レット)と、ロングスケール(24フレット)がありますが、初めはどちらでも良いと思います。
ギターソロあたりをやりたい方は、気にした方が良いかな?ってくらいです。

 

これを張らないと音が鳴りません。これまたピンきりの種類がありますが、ダダリオのEXL10っていうのをオススメします。
ちょっと太いタイプなのですが、初心者のうちは、余計な力が入ってしまい切れる事が多いので、このくらいが良いと思います。
プロでも愛用者が多い弦ですよ^^

 

ピック

弦をはじくもの。なみだ型(ティアドロップ型)、三角形型、おにぎり型が基本です。
ほとんど100〜150円です。コードをメインに弾きたいならおにぎり型。ギターソロが弾きたいなら、なみだ型。両方なら三角形型ってところです。材質は、まだ気にしないで、握ってしっくりくるもので良いです。オススメなのは、滑り止めがついているものです。

 

ピックアップ

エレキギターボディーの真ん中に付いている。ギターをアンプで鳴らした時の基本的音色を決めるものです。基本2種類。
シングルコイル=歯切れよく、明るい、繊細な音
ハムバッカー=パワフルで暖かい音
楽器屋のサイトなどで色々なものが見れます。
先述しましたが、これを選び間違うと後々、音作りに迷いますので、意識して選びましょー。

<スポンサードリンク>

エレキギター 用語|初めてのエレキギター関連ページ

かっこいいギター選びに必要な3つの事
あなたに合ったかっこいいギター選びは、この3つを忘れず買えば問題ないです!
エレキギター 種類
誰でも迷う初めてのエレキギター選び。まずは、その構造と音の【超基礎関係】を知っておきましょう!