エレキギター 種類【構造】|初めてのエレキギター

構造の違いによる3種類

エレキギターと言っても、その種類は膨大です。

 

初めの基本的な選び方はかっこいいギター選びに必要な3つの事に書いた通りで大丈夫です。

 

ですが、、、

 

これから説明する3種類も覚えておいてください。

 

なぜかというと、エレキギターは構造によって「ハウリング」がおきやすくなるんです。

 

「ハウリング」とは、簡単に言うとギターボディ内での音の共鳴連鎖、、、って簡単じゃないですね^^;

 

つまり、キーンっていう痛い音がアンプから出てします事です。

 

よくカラオケでもなりますね。マイクの音量を上げすぎて、デカイ声出したら「キィィィィン」って。アレです。

 

ソリッドギター

一般的なエレキギターの認識は、このタイプですね。
ギターのボディ内に空洞がほぼ無い構造です。
なので、よっぽどな爆音でもなければハウリングが起きません。
レスポール、ストラトキャスターなどなど、要はボディーに穴が空いてないものです。
一番扱いやすいですね。ロック!って感じです。

 

フル・アコースティックギター(フルアコ)

ソリッドギターとは、真逆でチボディのほとんどが空洞になっています。
普通のアコースティックギターをエレキにしたってイメージです。
その為、アンプに通さなくてもしっかりと生音が出ます。伸びやかで優しい音がします。
ハウリングがとても起きやすいので、初心者だと音作りに苦労します。
あまり安いものを見たことがありません。

 

セミ・アコースティックギター(セミアコ)

ソリッドギターとフルアコの真ん中くらいの存在と言えます。
ロックな硬質な音とアコースティックなやわらかくツヤのある音の両方をあわせ持ちます。
テクニカルなフュージョンってジャンルの人がよく使ってたりしますね。
ボディ内が完全に空洞なわけではないので、ハウリングもフルアコほど起きません。
ただ、やはり初心者には音作りが難しいものではあります。
見た目はカワイイんですけどねーw

 

 

というわけで、結論としてフル&セミアコは、覚悟して買え!って感じです。

 

初心者には、ソリッドギターをオススメします。

<スポンサードリンク>

エレキギター 種類【構造】|初めてのエレキギター関連ページ

かっこいいギター選びに必要な3つの事
あなたに合ったかっこいいギター選びは、この3つを忘れず買えば問題ないです!
エレキギター 用語
初めてのエレキギター用語。ギター歴20年の 管理人が、「わかり易く」を主旨に説明します。